“たばこ”の、煮汁は、飲めません。

8月6日の朝…

静岡市の22歳のメンズが、同居する交際相手に、【煙草の煮汁+睡眠薬=オリジナル・ドリンク】を、包丁を突き付け、飲むように、キョーヨーしたそうですがぁ~...そんな事、しては...いけません。

若い2人に何があったのでしょうかぁ~?

でも...このYOUNGばかりでなく... "男" と云う、生き物はぁ~、時として、理解不能行動をするものなのです。


【駅から電話をしてくる男】

東京在住の時、京王線芦花公園駅北口方向に住んでいました。今から約20年ほど前の事です。

当時、交際していたのは、30代のサラリーマン様。設計関係のお仕事で、超ぉ~ご多忙な御仁でした。仕事が詰まると、なかなか、お休みがとれず…休日出勤が、フツーの方だったのです。

そんな訳で...お互いナカナカ、連絡も出来ず...私的には、もぉ、自然消滅かなと...思い始めていました。

歳の差もあるし..."支配欲"も強い性格で、疲れちゃう人だったのです。

でも...

ある金曜日の11時過ぎ...電話があり...

彼「オレ、今、駅の公衆電話(→昔は携帯なんかない‼)のとこ。今から、行っていい?」

私「えぇ~、私、もう、お布団、入っちゃったよ。」

彼「顔みたら、スグ、帰る。仕事、落ち着いたから、逢いたいんだぁ~。」

私「マダ、電車あるんだから、ウチ、帰りなよ。ウチに来ていたら、終電なくなるよ。」

と、云い放ち、ガチャ‼ っと、電話を切ってしまいました。

土曜日は、予定(→習い事)があり、日曜日に面談(→お食事)をしたのですがぁ~、終始、ご立腹のご様子。イライラしているのです。

何を、怒っているのかぁ~、理解が未だに出来ません。

突然、用事もないのに、思い付きで、来ないで頂きたい。


【無駄にウルサイ】

上記の御仁の事ですがぁ~

私のビジュアルと言動に、やたらに、ウルサイ。

私は、昔から...

他人がヨソ向いている間に、小指で "鼻くそ" ほじっちゃうような女だったのですがぁ~、ソンな処みたら...鉄拳が、飛んできます。

後、時どき出ちゃう、栃木弁もダメ。

お毛毛にも、うるさく、当時、お脇やお脛(すね)から、ちょろっと、見えちゃおうものなら...指導が、入りました。




大体、生まれ育った環境だって全く違うのに、自分の価値観を押し付けてくる、メンズが、やたらに...多いのです。

自分の脳内で設定している女性など、いるハズがないのです。


静岡の22歳のメンズも、訳が分かりませんがぁ~

年に1度位、泥棒様の戦利品のパンツやブラジャーがずらりと、体育館の様な場所に、並んだ画像がテレビ放映されるのですがぁ~、アレは、いったい、何なのでしょうかぁ~? アンナの集めて、何をする気だったのでしょうかぁ~。頭に、被っちゃうのでしょうかぁ~。

あと、ストーカーも、理解できません。相手の気持ちが覚めたら、終わりでしょうに。


来週の持株銘柄の株価上昇と、8月優待で欲しい💛 (エコス&カンセキ)の株価のチョイさげ、期待したいです。


ポチットしてね♪

専業主婦 ブログランキングへ
スポンサーサイト

“嫌”な男。

今日の午後、“食料”調達のため、スーパーに行ったのですが...居たのです...スーパーに...“嫌”な男が...

色々、思いだしちゃったので、ランキング形式で、書いちゃいます。若しかしたら、不愉快に思う方も、居るかもしれません。その時は、ごめんなさい。


【3位 はしゃぐ男】

今日、逢ったタイプです。スーパーに行ったら、半袖ファミリー(50代夫婦+20代娘)が、居たのですが、お父さんは、どぉ~も、娘と買物に来たのが、メチャクチャに、嬉しいと云ったご様子でした。

良いんです、家族で、たのしくやって下さい。

でも、このダンディ...カートを押しながら、娘に呼ばれると、小走りになり、突進...「コレが、旨そうだなぁ~💛」「〇〇チャンは、これ好きだろぉ~💛」など、声が、店中に響く。そして、1人、はしゃぐ。

で、豚ロース肉を3人で、ガン見。他のお客さんが見れません。

ハッキリ云って、煩いし、危険。そして、邪魔。

「来るな‼」とは、云いません。落ち着いて買い物してください。


【2位 服装に無頓着な男】

コレは、夫の事なのです。

夫は、見た目は、素晴らしいのです。

でも...ズボンの丈が、短くて、ダサい。何でも、自分で、洗濯する“豆”な所もあるのですが、冬物セーターも、洗濯機にブチ込む‼ そして、縮む。「洗っておけ‼」って、云えば、私が洗うし、クリーニングにも、持って行くのです。なんでも、かんでも、洗濯機に、入れれば、イイと云うモノでは、ナイのです。

セーターも、ズボンも、つんつるてん。180もある、デカ男なのに、みっともないのです。

先日、病院にお見舞いに同行した時も、このスタイル。一緒に居て、恥ずかしく、なっちゃいました。


【1位 コンプレックスの塊男】

東京に住んでいた20代前半の時、紹介されて、某私立大学の事務系職員(→13or14歳年上)と交際したことがあるのです。

お相手は、非常に紳士的、物腰柔らか。最初は、好感が持てていたのです。

でも、交際2か月目位を過ぎた頃、連絡が取れなくなったのです。

海外出張に行っていたようでした。お仕事なので、仕方ありません。でも、交際を始めたばかりの私は...何も、語られず、2週間(→多分、此の位。)も、連絡が取れず、不安になったのです。

帰国後、最初のデートの時、私が不安になった事を伝え、長期出張の時や、連絡が難しい時は、一言云って欲しいと伝えたのです。

相手は、束縛されたくないようで(→私は、そんな気はない。)、苛立った様子になりました。私は、もう、こんな簡単に苛立った姿を見せるようでは、先は、難しいと思い、交際の継続は、難しいと伝えてしまったのです。

そしたら、

「そんなに、俺の、禿、が、気になるのか‼」(←こんな内容。)と、云いだしました。

実は、その方、ワカ〇ゲ、だったのです。私は、頭皮の事を問題にしたのでは、ナイのです。相手の態度に、幻滅したから、お別れしたかったのです。

この言葉を、耳にして、私は、一揆に...心が冷めてしまいました。連絡が、取れない事で、寂しさを感じた事を、虚しく感じたのです。

それ以来、コンプレックスが強すぎる男性は、好きではありません。


さて...おととい発売だったけど...今日、zai 6月号も、買った事だし…

頑張って、稼がねば‼


zai 発売2


【今日の取引】

≪売≫

該当なし

プラ転した銘柄もありましたが、目標に至らず、ガマン。

≪買≫

ウエストHD(1407):@907×100株

4/15日付Newsで、悪材噴出。赤字転落では、ない様だし、下げも落ち着いたと判断。取得。



ポチッ と ね💛
にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ
にほんブログ村

花火大会の思い出。

下野新聞の訃報の欄に、
知人が載っていたので、
思い出を綴ります。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

東京から、地元に戻り、家事手伝いをしていた、24歳の8月15日。
隣町で、花火大会がありました。

母に、
「隣町の黒谷さん(仮名)ちの田んぼの畔で、花火が良く見えるから、そこで見よう!」と云われたのです。




黒谷さんと云うのは、母のお友達夫婦で、しょっちゅう行き来する仲なのです。

私自身も、ちびっ子の頃から面識があり、
オバサンに、
「内は、息子2人だから、女の子は可愛い」
などと、云われ、私自身もメチャクチャ、懐いていたのです。

夫妻からの、高校入学祝いは、普段着一式。
女の子の洋服を買ったことが無いとの事で、宇都宮のデパートで一緒に選んで買ってもらいました。
その位、懐いていたのです。




6月に新橋の会社を退職。
7月に帰郷。
すぐ、教習所に免許を取りに行きました。

自宅と教習所は、約6㎞。
自転車では辛いのですが、オバサンの提案で、大手自動車メーカーの栃木工場に勤務する、34歳の長男さんに何度か送迎してもらいました。

ご夫婦には、
「ウチのお兄ちゃん、工業大学だし、会社は、女の子少ないみたいだし、お友達になってあげて欲しいんだ」とも云われていたのです。

お互いに存在は、以前から知っていましたが、マトモに話したことはなく、マトモに口を利いたのは、初めて位でした。私が、小学生の時は、都内の大学に通っており、入れ違い位に、私が東京に行ってしまったのです。
話してみると、物静かなのに、なかなか面白いお兄さんです。

教習所の時間が、昼過ぎの中途半端な時間だと、オジサンに「ボーナス出たから、昼飯、ご馳走してもらえぇ」などと云われ、教習所近くの中華食堂で、何度か食事もしました。
クアハウスにも、1度遊びに連れて行ってもらいました。

お兄さんにも、とっても懐いてしまったのです。




そして、8月15日。

花火大会に行った、母と私は、黒谷夫妻とおち合い、農協倉庫の脇の黒谷家所有の田んぼの畔で花火見物となりました。
オバサンの気合は十分。簡易チアーに飲み物・つまみ。用意万端です。

でも、ワタシ…そんな時に限って...トイレに行きたくなりました。
こっそり、母に...

私「お母様(←本当に今も、この呼び方。)、トイレ行きたくなっちゃた。」
母「えぇ~(怒りの表情)、ウチでしてこなかったのかい‼」
私「・・・・・」
母「倉庫の陰で、早く、してきちゃいな‼」




私は、云われるがママ、農協倉庫の畔の陰に行って用を足しました。
しかも...【大】です。

スッキリした、私は、パンツを揚げようと…立ち上がった瞬間…

農協倉庫沿いに曲がってきた、車のヘッドライトに、正面から照らされたのです。
危険地帯、全開、丸見えです。

私は、パンツを上げながら、後ろ向きになりました。
慌てているし、夏で、パンツもジーパンも汗でしとっていて、スグには上がりません。

ヘッドライトに照らされた、“マエ”と“ケツ”。

多分...見られました。




でも、問題なのは...

私の下半身を照らした車両は、黒谷さんと母がいる場所で、停車したのです。お兄さんの車でした。

私は、お兄さんも来ることを、知りませんでした。でも、ヘッドライトの光を見た途端、そうかなとは思ったのです。的中しました。。
私は、みんなが、いる所には行きたくなかったのですが、田んぼ地帯。行かない訳には、いきません。

仕方なく…みんなと合流。

母が、長男さんへの挨拶を私に促すのですが、どうしてもできません。長男さんも、私を少し避けているようです。
恥ずかしくて、恥ずかしくて、顔も上げられませんでした。

オジサンには、花火が終わったら、自分たちは、自宅で2次会となるから、2人はカラオケでも行くように、促されましたが...

カラオケどころではありません。

私は、母に、早く帰りたいと懇願したのです。




早々に帰宅した、我々、母子。

母は、玄関に着くなり、怒り始め…
「おめぇは、挨拶もろくに出来ねえのかぁ‼ 何のために、東京の大学、出たんだぁ‼ 恥、かかせんじゃねぇ‼」などと、わめき出しました。

返す言葉もないし、弁解もしません。
黙るしかないのです。



ひと月が経ち、秋の彼岸が来ました。

黒谷さんのオバサンが、線香あげに来たのです。

そして...
「ウチのお兄ちゃん、何にも気にしてないって。誰でも、そうゆう時もあるって云ってたよ。もう、気にしなくていいから、又、仲良くしてね。」と諭されたのです。

ですが、もう、教習所も終わったし、就職も決まったし…
バツが悪いし…

あれから、20年…
あの、ヘッドライトに、私のケツが晒された夜を最後に、お兄さんとは会っていません。




先日、下野新聞に、黒谷さんのオジサンの訃報が載っていました。施主は、あの長男さんです。多分、もう50代半ばのハズ。久しぶりに、お名前を拝見しました。

きっと親たちは、私たちを、縁組させようと躍起になっていたのかもしれません。そんな事も気が付かないほど、私は、幼かったのです。年齢から云って、本人も焦っていたのでは、ないでしょうか。

あの時、素直に申入れを受け入れ、もし、長男さんと一緒になっていたらと思うと、複雑です。
どんな、人生を送っていたのでしょうか。
もっと、幸せに暮らしていたのでしょうか。

私を可愛がってくれたオジサンのご冥福を祈り、長男さんの活躍を祈るばかりです。





業界の重鎮

数年前の出来事です。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

我家は自営で、夫は役人上がりです。

開業しても、役人時代の上下関係がそのまま続きます。
この地域の組合内では、夫は51歳にして、young・№2。若手。


で、組合では、毎年、鬼怒川・塩原・那須などの温泉街で、お泊り忘年会を開催するのですが、夫は、100%出席なのです。
勝手に、欠席しようものなら、元上司達の逆鱗に触れちゃうのです。

で、忘年会は、

大雑把にいえば、
まず、

重鎮の挨拶
乾杯
懇談
解散

といったシンプルな流れで、情報交換が主な目的なのです。


数年前の忘年会の時の重鎮の、挨拶の内容は、

「諸君!(⇚本当に云うらしい。)
我々の業界はぁ・・・≪暫し、爺ちゃん、語る。≫・・・・
僕(⇚この業界、自分を“僕”という方が非常に多い。)の若いころは・・・(また、語り・・・)≫
・・・
要はだな、これからを担う、若いもんの元気がナさ過ぎだぁ!
今後の為にも、僕が来年、自腹で

スーパーコンパニオン

を、呼んでやるから、
元気出して、業界を盛り上げろぉー!」




な趣旨の挨拶をしたらしく、
一同、大喜びだったようなのです。


この様な、報告を受けた、ワタクシ。
夫が、スーパーコンパニオン様と、楽しくしたって一切文句は云いません。
偶の娯楽に、一々文句は云いません。

でも、とても心配になりました。
夫の凛々しい姿を暫く、見ていないのです。

だから、心配のあまり、云ったのです。

「パパ、大丈夫?」
「来年の忘年会で、恥かかないように、しようね。」
「予行演習、大都会でしてきたら?」

夫は、無言でした。
かなり、鬱陶しかったらしく、放った言葉は、

「アンタ じゃなくれば、大丈夫!」




私では、ダメなのでしょうか・・・

語った重鎮も、今は介護施設に入ってます。

スポーツクラブの事件。

ワタクシ、お上品を目指す専業主婦です。

でも、今日は、誰にも言えないので、ブログに書いちゃいます。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



スポーツクラブに通っています。とても、楽しいです。

でも、私、純粋に美容と健康の為に通っているので、
クラブで、他人には過干渉をしないように心がけています。

当然、しょっちゅう行くので、
顔見知りもおり、
『こんにちは』
『しばらくぶり』
などは惜しげなく話し、余計な話はせず、ソツなく過ごすのです。

中には、オバサンの派閥抗争など、お見受けするのですが、
一切、そこの所には関わり合いません。

服装も、なるべく“フツー”を心がけ、ジムやレッスンの時は、
メーカー品を着用。
フィットネス水着も、ほぼ毎年買い替えをしているのです。
マナーとして、周囲の人たちが、凹まない程度の服装は必要なのです。
そんな訳で、アルペン(3028)の優待も利用し、それらしく揃えています。



で、今日も、水中ウオーキングを60分ヘロヘロになるまで、
わき目も振らず、してきました。

プールサイドには、ジャグジー、長椅子、体を温める小部屋(名前は不明)、シャワー、簡単な荷物を置く場所、中が見える冷蔵庫(自分のドリンクを入れておいて、いつでも冷え冷えが飲めます。)があります。

ド近眼なので、ウオーキングレーンにいる人数と性別は分かっても、誰かなどは分かりません。





今日、初めてお目にかかる、マダムがいました。
60歳代中盤でしょうか・・・
スタイルは、お歳の割に抜群です。

でも、水着が“限りなく昭和”。

明らかに、フィットネス用ではありません。
腹部が朱色、胸元が小豆色のグラデーションが掛かる生地。
そして、胸に白いユリの花。
肩の部分は紐。

私の妄想では、マダムの子供達が、幼い頃、1度だけ行った海水浴以来、
着ていないといった感じなのです。

でも、他人事・・・
昭和の香りがプンプンしていても、私には、関係ないのです。


私の習慣として、15分ウオーキング、水分補給を繰り返すのです。が・・・
冷蔵庫前で水分補給していたら、
件のマダムも、いらっしゃいました。

で、昭和水着を着用・・・
アンダーショーツも胸のパットも、ないのです。
ド近眼の私でも、目視で確認できました。
また、生地も、エラク薄い。

“ち〇び” “割れ目ちゃん”が、スケッ、スッケ、で見えているのです。
濡れているので、もう、ズバリです。

同じ女性でも、目のやり場に、大変に困りました。
何も言えずに、またウオーキングへ・・・

マダムも、何事もないように、ウオーキングしています。

ウオーキング終了、入浴も終了、通路も兼ねた脱衣場で、着替えをしていると、
件のマダムが水着姿で、登場しました。

脱衣場は、私、別の中年レディ2人組の3名体制。

私は、見て見ぬふり・・・
中年レディースは、かなり気になっているご様子。






こんな場合、私は、どうしたらよいのでしょうか。

マダムに、
『割れ目ちゃん、スケスケですよ。パンツはきましょうね。』
など、そっと注意するべきなのでしょうか。

それとも、プールの係員のお兄さんに、指摘するようお願いすべきなのでしょうか。


過干渉はしたくありませんが、
スポーツクラブは、公共の場とも同じです。

大人の常識ある身なりで、ご参加いただきたいのです。



最新記事

カテゴリー

楽 天

月別アーカイブ

プロフィール

訪問者数

ランキング 参加中

ブログ村ランキング

ブログ内の記事から探す

無料で遊べる。

リンク

モラタメ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

今度バスツアー行くよ。

こおゆーの大好き。